エッセイ

光本惠子のエッセイ

齋籐史のうた -第十一歌集『風翩翻以後』から-

齋籐史は第十一歌集『風翩翻』の出版の後、平成十四年四月二十六日に他界した。その後、『風翩翻以後』(現代女流短歌全集68、短歌新聞社刊)が息子・斉藤宣彦によって出版された。これには光本も現代女流短歌全集7として参加している。

 

・わが手より放ちたるもの鳩の雛・熱気球・いま黄なるかまきり

・つねに何処かに火の匂ひするこの星に水打つごときこほろぎの声

・堂々と今年も赤き実をつけし渋柿はわが亡きのち伐らるべし

 

また史は「原型」平成十三年十一月号に次のように書いている。 (さらに…)

詳細

齋籐史の歌

・つねに追はれ通り抜け来し四十年 ドアを開け

ドアを閉め流刑の部屋

(第六歌集『密閉部落』〝山に放つ眼〟)

齋籐史は明治四十二年に生まれ平成十四年に逝く(一九〇九~二〇〇二)。平成十四年四月二十六日に九十四歳の命を閉じた。史を語るとき、昭和十一年の二・二六事件を見過ごすわけにはいかない。一九三六年二月二十六日、陸軍の現役青年将校らが兵士を率いて首相官邸などを襲撃する事件が起きた。彼らは処刑となる。そこに父の齋籐瀏が連座していた。処刑された者の中に同級生や下級生もいたのであった。史はこの事件を一生背負うこととなる。昭和二十年末日、焼け野原になった東京をあとにして家族とともに信州へ疎開する。そうして史は信州の人となった。右のうた「流刑の部屋」のフレーズは疎開した信州もまた史の眼にはこのように映ったのであろう。
齊藤史第六歌集『密閉部落』は宮崎信義の遺品の本の中にあった歌集である。齋籐史と宮崎信義の歌は反骨精神とシュールなモダニズムのところで結ばれていたらしい。 (さらに…)

詳細

元号 令和について

新しい元号が「令和」と命名された。
これは日本最古の和歌集「万葉集」からとられた。改めて「万葉集」から「令和」の出典を確認しておきたいと思う。 (さらに…)

詳細

いのちと償い ~ある死刑囚と短歌~ (信濃毎日新聞より)

2018年7月から2019年3月まで、信濃毎日新聞の文化面にて連載されていた企画「いのちと償い―ある死刑囚と短歌」(計22回)に、新聞読者から多くの感想や意見が寄せられ、その内容が紙面にて紹介されました。獄中で命と罪に向き合った岡下香・元死刑囚の生き方や、彼と関わった人たちの思い、短歌や芸術の役割についての感想を中心にまとめられたものを転載いたします。

なお、連載されていた企画「いのちと償い―ある死刑囚と短歌」についても、一部当Webサイトで紹介しております。

命ある限り学びたい ~下諏訪の結社へ入会の申し出

(さらに…)

詳細

歌評 光本恵子『口語自由律短歌の人々』評 さいかち真

私が本格的に短歌に取り組みはじめた三十代の頃に、前川佐美雄の『植物祭』を読んで感動した覚えがある。愛唱歌が多くあって、またそれについての文章も書いた。昭和初期の短歌というと、まずあがる名前は前川佐美雄、それから石川信夫なのだろうと思う。どちらも「芸術派」と言われた系譜の歌人だ。これと並行して「プロレタリア短歌」と呼ばれた系譜の作者たちがいた。 (さらに…)

詳細

口語自由律歌の歴史と運動 - 口語自由律と現代の口語短歌 ‐

明治になると短歌の世界にも、大きな変化が現れる。文学全般に今使っている言葉(口語)で表現しようとした言文一致運動が始まった。まず江戸時代生まれの歌人・林甕臣(みかおみ)は、明治二十一年に「東洋学芸雑誌」に「言文一致歌」を発表。
・ギラギラト。ヤブレ障子ニ。月サエテ。風ハヒウヒウ。狐キャンキャン
林甕臣「東洋学芸雑誌」 (さらに…)

詳細

永田和宏の歌2

※永田和宏第三歌集「無限軌道」(1981年11月20日、雁書館刊)から
「無限軌道」は大体1977~1981年の永田和宏の作品である。それは三十歳から三十四歳の作品であり、貧しかったが将来への希望に満ちて充実していたころだ。当時80年にはモスクワでオリンピックが開催されている。そのハンマーを投げる男の姿に自分を透視したような歌が見える。

・ハンマー投げの男おのれを軸としてまわるよ中心なる孤独はや (落下点)
・落下点を目測しつつ立つときに不意に死までの<時>透けて見ゆ (落下点) (さらに…)

詳細

永田和宏の歌

※第二歌集「黄金分割」

(一九七七年十月一日、沖積舎刊)

・丈高き夏草の葉の輝きに紛れて見えぬわがヨブの背も

(吃水を越ゆ) (さらに…)

詳細

永田和宏の歌から

永田の第一歌集「メビウスの地平」(1974年刊)から短歌を挙げる。

あの胸が岬のように遠かった。畜生! いつまで俺の少年  (「あの胸が岬のように」 26)

この歌はきらめく言葉と率直な物言いが混然として男の汗臭さまで飛び散りそうな歌である。 (さらに…)

詳細

水のわかれ

初めて分水嶺と聞いたとき、心臓の震えるような音がした。
古くはこの分水嶺を「水のわかれ」とも呼んだらしい。私が信州に初めて足を入れたとき、この「分水嶺」ということばに命の根源の場所に出会ったような懐かしい歓びを感じた。
この信州、塩尻と諏訪と伊那の境にある善知鳥峠は標高八八九メートルの位置にあり、本州のほぼ中央に位置していて、長野県の塩尻から辰野、岡谷、下諏訪にまたがり、峠とはいえやや広い空間である。松本平と伊那谷の分岐点でもある。 (さらに…)

詳細

次ページへ »