会員の作品

「未来山脈」の会員の作品です。

いのち(未来山脈2024年6月号より抜粋)

桜咲きだす暖かさのなか病院へ急ぐバイパス通ればこんなに近い
京都 毛利さち子

佐保姫様 能登で金沢で京都でもおだやかな春を待っています
京都 岸本和子

戦前の子ら皆よく働いた 戦後植樹の杉の花房吹雪に乗って一挙里へ
諏訪 河西巳恵子

春の淡雪が降った朝自治会長が子どもを連れ両隣三軒分の雪かきに
飯田 中田多勢子

車いすで礼拝に連れてこられし友は薄物の夏服で現れる二月極寒に
四條畷 高木邑子

そよ風なのか心のそよぎか 柔らかく背を押され一歩踏みだす
岡谷 征矢雅子

春休みに集まった日曜学校の子どもたち お泊りリトリートに嬉しそう
茨城 南村かおり

女房の友達がきてもう四時間かそろそろ帰れ犬の散歩だ
横浜 酒本国武

都会にいる子供から墓じまいをするように言われたという友
米子 安田和子

何気なく抱えた 肩先ほんのりと匂袋がはなをくすぐる
横浜 上平正一

男はつらいよロケ駅でスマホ構える娘にマドンナピース
米子 大塚典子

孫のひな人形を飾れる嬉しさ私の子供は男ばっかし
箕輪 市川光男

温泉街をぬけて実家へと向かう道 幼なじみの家々過ぎて
下諏訪 笠原真由美

歴史を現在に戻す 妻のビザ取得で夫婦で北欧旅行ができる 神に感謝
大阪 加藤邦昭

朝陽浴び窓から水仙を眺める 今日いちにちを励ますかのように
下諏訪 藤森静代

〇息子が蒔いたひまわり畑 遠く車の人にも手を振っている
大阪 與島利彦

中学生になった娘 真新しい制服に包まれ自転車をこぐ
流山 佐倉玲奈

涙雨 四十九日の納骨に静かに想う生前の父の姿を
鳥取 小田みく

七時間半のフライト 東シナ海を飛び越え シンガポールに一直線
東京 下沢統馬

雪に萎れた母の形見のカネノナルキ 彼岸の雨によみがえる
松山 三好春冥

詳細

素足(未来山脈2024年5月号より抜粋)

北国の闇夜は吹雪の乱舞…まるで狂える悪魔の狂詩曲
横浜 上平正一

葉を落とし素となるままのナツヅタの今年の伸びを張りつける壁
一関 貝沼正子

骨すでに脆く わずかな衝撃に胸椎圧迫骨折 噛みつく痛さ
諏訪 河西巳恵子

雛飾りのニュースを見ると思い出すひな祭りのうたの遠い日のこと
諏訪 増田ときえ

暗闇に静電気の炎立つ アクリル毛布との戦い
諏訪 大野良恵

明けの青い死の匂いうっすらと生に押し出すあかね空
岡谷 征矢雅子

パカパカッと両目外して水道水でジャージャーそれが一番 花粉症
名古屋 川瀬すみ子

陽ざしない玄関が華やぐ 米寿祝い息子夫婦から花束プレゼント
下諏訪 藤森静代

ちぐはぐな季節の巡りでとまどえばことばがとけて大地をぬらす
甲賀 中村宜之

暖かくなったと思えば突然雪が降ったりと不安定な春です
流山 佐倉玲奈

何年も勉強している囲碁の奥深さは麻雀と同等の位置づけ
仙台 狩野和紀

雪解けの音ちょろちょろ リズム奏でるひととき聞き惚れる
岡谷 花岡カヲル

二階にボールの音が聞こえてくる 夜明けの子犬の遊び
横浜 酒本国武

なんとなく春の匂いのするひとだ古木の咲かす桜を思う
埼玉 須藤ゆかり

春泥は春の前触れ 磨いた靴の踏み場思案しながら歩む
松本 金井宏素

木の芽時に散歩は楽しいと言う君にゆっくりうなずく
埼玉 木村浩

八十路を前にした仲間はみんな元気で集まることができてと笑顔
米子 稲田寿子

窓の外は灰色の空 冷たく吹く風 ひざかけでほっこりの母の幸せ
米子 三好瞳

春告鳥の産声混じりのさえずりを聞く 更地になった墓地多し
境港 永井悦子

突然の窓打つ雨に父想う 入院中のあわれな姿が目に浮かぶ
鳥取 小田みく

被災地は日に日に増える復興の終わった場所は聞かないけれど
青森 木村美映

オーストラリアへワーホリに行きます まずケアンズから
東京 大野みのり

指先が奏でる文字をデジタルに乗せた延長線上には闇
諏訪 藤森あゆ美

風をつかみパラグライダーに乗ってミュンヘンの山 ドイツ青年と君
下諏訪 光本恵子

詳細

いのち(未来山脈2024年4月号より抜粋)

季節はずれの高原は寂しい全部の空気全部吸って私は私
岡谷 三枝弓子

能登半島が怒っている 金沢中心の世間の評価に
京都 岸本和子

大阪名所 淀川上空の中秋名月 老妻とアベック鑑賞・至福
大阪 與島利彦

秋分の日 境にやっと秋の気配ウォーキングを再開する
福山 杉原真理子

何かしら心に思うことあれば人みな空を見上げて祈る
札幌 石井としえ

夏休み終盤家族に襲いかかる体調不良も子どもはあっという間に回復
流山 佐倉玲奈

岡崎城の脇の龍城神社はパワースポット若者たちが列をなす
岡谷 征矢雅子

最低賃金のパートで粘る私を苦しめる値上げラッシュ
諏訪 大野良恵

未来山脈誌の表紙絵はかつては旅館街ゆかた姿の湯田坂の面影
下諏訪 藤森静代

去年の秋バッサリ切られたさるすべり 新たな花房まばゆい深紅
岡谷 三澤隆子

バッハの曲はテェンバロが似合う 時空を超えてバロックの世界
下諏訪 長田恵子

アコギの音が脳を潤していく 鳴り続けよ満ち足りるまで
丘や片倉嘉子

こおろぎが激しく鳴くように私も寒くなる季節を待っている
岡谷 横内静子

ずっと微笑んでいる彼女の写真 その美しい人柄がまわりを清める
茨城 南村かおり

実家の曽孫ななちゃんはみんなのアイドルかわいい女の子
米子 稲田寿子

君の夢心地よく見ていた処せっかくだったのに目が覚めていた
平塚 今井和裕

マグリットの青い空 不思議な形をして浮かんでいる白い雲
横浜 酒本国武

退院決まり心はしゃぐ いや 誰とも逢いたくない自分もいる
鳥取 小田みく

うすい朱で沈む西日は老う俺だ 青年の色雲まで燃える
小浜 川嶋和雄

ふり返ればヨーロッパがユーロになる前に各国に旅をした
諏訪 宮坂きみゑ

ドッジボールの汗乾かぬまま墨を擦る 息整わず字が躍る
神奈川 別府直之

布切を引き裂いたような輝いた雲がでている十月の秋ぞら
静岡 鈴木那智

日本では海の中に母が居て フランスは母の中に海が在る
山梨 岩下善啓

在米日系三世の女性は日本語を話せない 母親が教えなかったと言う
大阪 加藤邦昭

老いは悲観を増長させる 悲観には強面の強いまなざしで
奈良 木下忠彦

詳細

いのち(未来山脈2024年3月号より抜粋)

持続可能ななどと一人ごち 朝のサプリメント五粒ほおばる
富田林 木村安夜子

水栽培は好みでなくてヒヤシンスの球根もしっかり土に埋める
下諏訪 笠原真由美

これは何? 生芋蒟蒻のムニュムニュに口中あたふた
米子 大塚典子

刈り終えし稲の切株青芽だちまだいけそうな夢を育む
一関 貝沼正子

快適な目覚めを阻むこむら返り 無意識に自分を傷つける
諏訪 大野良恵

賀茂川に鴨と川鵜が陣を敷けど 不毛な戦を仕掛けはしない
京都 岸本和子

旅立ちは新しく育つものに心をつなぎ明日へとつなぐ
米子 角田次代

令和六年能登半島地震 静かな元旦に大きな揺れ諏訪は震度四
諏訪 宮坂夏枝

昨年のゆううつは引きずらないケセラ・セラで二〇二四年
岡谷 佐藤静枝

ステキ! 私もなるわと看護師がわが白髪の髪なでて言う
福知山 東山えい子

年の瀬の大晦日に生まれた息子 ふるさと母の家で迎える誕生日
流山 佐倉玲奈

大地震が後を絶たない 地球規模の力にどう対処するのか
神奈川 別府直之

さよならを言い電車に急ぐ新橋駅のクリスマスライトを浴びながら
茨城 南村かおり

年賀状 今年でお終いにと旧友から思い出は遠くへ流れ
原 桜井貴美代

目を凝らし深夜の空に食い入る 見つけた双子座流星群
原 太田則子

びゅうびゅう木枯らしふいてます落ち葉の舞もテンポアップ
原 泉ののか

冷たい空気を深呼吸 浄化された心で今日の新しい刻が始まる
原 森樹ひかる

令和六年元日に能登大地震 自然災害から逃れられぬ日本の道は
奈良 木下忠彦

大粒で真赤な実南天が何も無い そこにあるはずが緑の葉のみ
岡谷 三枝弓子

若狭路の杉の森には一本の 青に引き立つポプラは黄色だ
小浜 川嶋和雄

 

詳細

素足(未来山脈2024年2月号より抜粋)

雪をかぶった八ケ岳の峰は 青空にくっきり冴える
岡谷 花岡カヲル

追い詰められた夢でなく目覚め置時計の秒針確かめる
札幌 西沢賢造

禁煙を破ってピースに火をつける 答えのないまま朝は来るのだ
青森 木村美映

眼鏡の柄が音もないのにぎしぎしと悲鳴を上げ続ける夜には
埼玉 須藤ゆかり

意識不明に落とす神の手は世界一のデンテスト その先生の治療を受けん
さいたま 清水哲

故郷について最初に訪れるのは父の住まいリゾートホーム
茨城 南村かおり

道端の木にコロコロ実った柿の実が呼吸している退屈そうな秋の空
四條畷 高木邑子

振り返る若い頃など怖いもの無かったなあ学びもなかった
平塚 今井和裕

粉雪が降っている白い悲しい結末 色のない夜をとぼとぼ行く
岡谷 渡辺昌太

古き友から二十年ぶりの便りには浦島太郎を思い知る真実が
仙台 狩野和紀

のびてゆくからだよからだ 生き物が終わった後に残った肉
北海道 吉田匡希

カサンドラが目覚めたら短歌を子守唄に寝かしつける
福山 杉原真理子

アメリカ西海岸のドライブ旅行 窓外の太平洋に日常が薄れて行く
大阪 加藤邦昭

十二歳になった娘 私も母親として十二年 干支も一周
流山 佐倉玲奈

彼方の慕う気持ち先生も分かるよ いまは胸の奥にそっと秘密ね
伊那 金丸恵美子

古里は島国日本の尾っぽ的 奄美諸島 水平線の超太陽 永久に神秘
大阪 與島利彦

最後かと新幹線でクラス会 ホスピス抜けた旧友輝く
東京 木下海龍

残っている柿の実一つだけ木守りに君の木守りに選ばれたい
埼玉 木村浩

朝と夜温度高低差胸がバクバクと体内で鳴り響く
千葉 石井義雄

アウシェヴィッツに運ばれる囚人のように すし詰めの通勤電車に乗る
山梨 岩下善啓

ラジオから今年最後に流れてきたのはフランク・シナトラのマイウェイ
諏訪 藤森あゆ美

外洋に出る心配はない 白いオールが小さな海に乗り出す
千曲 中村征子

あの波にさらわれたあなた 息を止めて待っても戻ってはこない
下諏訪 光本恵子

詳細

太陽はいま(未来山脈2024年1月号より抜粋)

暑さに耐えた体に秋が染みる シャツを長袖に替えて朝のお茶を
松山 三好春冥

ずっと昏い中を走る電車に乗ってきみの待っている駅に着いた
下諏訪 笠原真由美

築山の陰に石蕗の黄色い花が咲いていた大きな葉の上にきりっと男性的な
大田原 鈴木和雄

人を魅了させる紫式部の実紫 秋の陽につやめく
岡谷 三枝弓子

十六歳の藤井聡太が見ていた雲の上の青い空 やわらかな横顔
富田林 木村安夜子

京都の母のお墓を訪ねる 秋の午後の黄金色の日差しの中で
茨城 南村かおり

鎌首を持ち上げたような蕾がこれほどの花になると誰が知る
米子 稲田寿子

災害時の救出者名簿に私の名前を発見市川光男まちがいない
箕輪 市川光男

ふっとわきでた青春の欠片なけてくるなぜか泣けてくる 秋ですね
米子 大塚典子

秋風の通り道に落ち葉無し箒も一休みだ
埼玉 木村浩

二階より紅葉の天辺眺めれば 一寸変色秋来たのかな
小浜 川嶋和雄

うつ伏せの孫の寝姿思い出しウルウルしながら婆ば眠れず
北九州 大内美智子

町内の人等と月見をしたと明るいメール夫も娘も失い一人身の友
四條畷 木村邑子

遺歌集の第三弾という「ニューヨークの唇」夏に届きぬ
青森 木村美映

台風近づく房総の地につかのまのすずしい小風がやってきた
千葉 石井義雄

君の愛読書が私のバイブルになる 同じ川辺を幾らでも歩ける
横浜 街川二級

「転ぶ」高齢者にとっての天敵 気をつけていても突然に起こる
米子 角田次代

今世紀 人工衛星急進化 私は擬似宇宙飛行士 地球俯瞰・拝観
大阪 與島利彦

終業前の気のゆるみにつけ込むせっかちな頭痛にそっと耐える
諏訪 大野良恵

色づき始めた山に秋蝉が一匹鳴いている朝 義母が逝く
福山 杉原真理子

誰が裁く 柿が悪いわけじゃない もいだ熊が悪いわけじゃない
千曲 中村征子

COP28「1.5℃目標」かかげた目標未来へ向き合う
大阪 花菜菜菜

虫の音の絶えた晩秋 空中にくもの糸が両手足広げ宙づり
下諏訪 藤森静代

勧誘をする親子連れがモニターに映る 日傘のなかの晴れやかな笑顔
甲賀 中村宣之

こころだけ先走るから風力5バスにホワイトノイズ求めて
埼玉 須藤ゆかり

百歳の夫がスプーン持ち「あ~んと口開けて」と糟糠の妻に食事さす
大阪 山崎輝男

再婚後に生まれた子も外資系企業に就職内定 四月からやっと社会人
大阪 加藤邦昭

紅白がフィナーレを迎えるころ 鎌倉の八幡さまに向かう
神奈川 別府直之

ダンスホールだったカレー&コーヒーの店 看板には男女が躍る
京都 毛利さち子

詳細

いのち(未来山脈2023年12月号より抜粋)

季節はずれの高原は寂しい全部の空気全部吸って私は私
岡谷 三枝弓子

能登半島が怒っている 金沢中心の世間の評価に
京都 岸本和子

大阪名所 淀川上空の中秋名月 老妻とアベック鑑賞・至福
大阪 與島利彦

秋分の日 境にやっと秋の気配ウォーキングを再開する
福山 杉原真理子

何かしら心に思うことあれば人みな空を見上げて祈る
札幌 石井としえ

夏休み終盤家族に襲いかかる体調不良も子どもはあっという間に回復
流山 佐倉玲奈

岡崎城の脇の龍城神社はパワースポット若者たちが列をなす
岡谷 征矢雅子

最低賃金のパートで粘る私を苦しめる値上げラッシュ
諏訪 大野良恵

未来山脈誌の表紙絵はかつては旅館街ゆかた姿の湯田坂の面影
下諏訪 藤森静代

去年の秋バッサリ切られたさるすべり 新たな花房まばゆい深紅
岡谷 三澤隆子

バッハの曲はテェンバロが似合う 時空を超えてバロックの世界
下諏訪 長田恵子

アコギの音が脳を潤していく 鳴り続けよ満ち足りるまで
丘や片倉嘉子

こおろぎが激しく鳴くように私も寒くなる季節を待っている
岡谷 横内静子

ずっと微笑んでいる彼女の写真 その美しい人柄がまわりを清める
茨城 南村かおり

実家の曽孫ななちゃんはみんなのアイドルかわいい女の子
米子 稲田寿子

君の夢心地よく見ていた処せっかくだったのに目が覚めていた
平塚 今井和裕

マグリットの青い空 不思議な形をして浮かんでいる白い雲
横浜 酒本国武

退院決まり心はしゃぐ いや 誰とも逢いたくない自分もいる
鳥取 小田みく

うすい朱で沈む西日は老う俺だ 青年の色雲まで燃える
小浜 川嶋和雄

ふり返ればヨーロッパがユーロになる前に各国に旅をした
諏訪 宮坂きみゑ

ドッジボールの汗乾かぬまま墨を擦る 息整わず字が躍る
神奈川 別府直之

布切を引き裂いたような輝いた雲がでている十月の秋ぞら
静岡 鈴木那智

日本では海の中に母が居て フランスは母の中に海が在る
山梨 岩下善啓

在米日系三世の女性は日本語を話せない 母親が教えなかったと言う
大阪 加藤邦昭

老いは悲観を増長させる 悲観には強面の強いまなざしで
奈良 木下忠彦

詳細

素足(未来山脈2023年11月号より抜粋)

上座敷の窓を開ける 鴨居に吊るした風鈴がからころ
岡谷 花岡カヲル

俗世の冷たい水に当たったか 胃腸薬の使用期限を確かめる
松山 三好春冥

大林宜彦の「最期の講義」未来は君らと逝く
札幌 西沢賢造

数こなしても本命が現れない一か八かの本との出会い
諏訪 大野良恵

処暑過ぎても続く真夏日 危険な暑さにげんなりする
諏訪 増田ときえ

今 香港に居るよ おじいちゃんはどこに住んでいたのかな六年間も
横浜 大野みのり

人と人 自分の考え言えるのは心理的安全性があるからだ
神奈川 別府直之

同窓会は一級建築士の同級生が企画した東京建物ツアー
茨城 南村かおり

次々と季節外れの台風 花火大会に暗雲たちこめて(長女の家族と花火見学)
原 桜井貴美代

雷鳴れど雨降らず空天気 セロリ畑の散水キラキラ
原 太田則子

花を摘んだら先客あり蜂がプンプンブンブンブン
原 泉ののか

チュルチュルルちゅるちゅるる野鳥とおしゃべり
原 森樹ひかる

心の隅に貯金したが満期になるも利子はつかず膨らむ
仙台 狩野和紀

青紫の紙風船を膨らませた桔梗ばな秋の初に咲き来る花よ
静岡 鈴木那智

雨上がりの陽が道路へと差す七月の朝 鋭い反照に素早く瞼を閉じる
伊那 金丸恵美子

苦しめど 身内なればと いとおしく 胆石四個 小瓶に遺す
東京 木下海龍

まっすぐに背筋伸ばして歩く朝 遥かな富士わらう
下諏訪 光本恵子

詳細

太陽はいま(未来山脈2023年10月号より抜粋)

ペンギンがクジラを食らう夏空に一億人に「暑い!」と叫ぶ
神戸 粟島遥

実感のない通信費がかさむ スマホを持っているだけで
松山 三好春冥

咲き競う紫陽花の花いろいろ 重い梅雨空を押し上げて咲く
岡谷 三枝弓子

クレマチス カンパネラ 紫陽花 燕子花 ラベンダー雨の頃の花青い
諏訪 河西巳恵子

一九四五年から七十八年後の八月六日 今年も原爆死没者慰霊式が開催される
大阪 加藤邦昭

何気にめくった新聞「おくやみ欄」に友の名前…「エッ」思わず絶句
坂城 宮原志津子

白髪のショートヘアに紅いイヤリングがよく似合う 真夏の駅ホーム
富田林 木村安夜子

難攻不落の名城を隠すように要害の山から真下の集落に陽があたる
群馬 剣持政幸

こないこないよこない 金曜が過ぎる待とう月曜日
千曲 中村征子

グランドカバーのハーブ達爽やかに香る 今日から文月
福山 杉原真理子

気温五十度を超す新疆ウイグル 強制労働今もあるのか
大阪 山崎輝男

つゆ時期も雨なし霧なく自動車で 敦賀へ行きます昆布を買いに
小浜 川嶋和雄

訳の判らない電話ばかり掛けてきた若い君 私を故郷に案内してくれるという
甲府 岩下善啓

年を追うごとに強まる暑さ 猛暑酷暑炎暑 あえぎつつ生きる
奈良 木下忠彦

これ以上は老害と見定め 退社してから三度目の夏
京都 岸本和子

ひとつひとつと流れてゆくとき万灯会は都会の夜景みたいに奇麗
京都 毛利さち子

閉山の町に工場やってくる木造校舎はそのまっ先に
札幌 石井としえ

三角頭のオクラ納豆に負けないネバネバで夏の暑さを乗りきろう
米子 稲田寿子

大きさを東京ドームで言われてもよくわからない みたいな日々へ
北海道 吉田匡希

第一一八回尚徳地区敬老祝賀会三一八名に仲間入り
米子 大塚典子

つらい検査も一通り終了した 原因解かり一喜一憂
鳥取 小田みく

四月年を重ねれば月日が早い何かしようと思うだけで一日が終わる
箕輪 市川光男

iPadの暗き画面が連れてくる長方形の夜のみずうみ
埼玉 須藤ゆかり

すでに負けこして来た御嶽海が千秋楽の日は勝ててほっとした
諏訪 宮坂きみゑ

渚に出て波の音を聞く 風に吹かれながら一人で笑う
横浜 酒本国武

白雲のベールを被った蓼科山 昇る人を包んでいる
原 太田則子

カラマツの並木が続く一本道 娘と車で高原音楽堂へ
原 桜井貴美代

梅雨前線おいこしてはやぶさ号で北上する 孫の顔も雨のち晴れ
原 泉ののか

検査結果よし 気分軽やかに病院の駐車場へ
原 森樹ひかる

レクもコロナで制限だったのが戻り諺かるたをテーブル一杯に広げ
飯田 中田多勢子

コンサート曲を決める筝曲「水の変態」宮城道雄の代表作
諏訪 宮坂夏枝

詳細

いのち(未来山脈2023年9月号より抜粋)

葦の茎みな刈り取られ上川の水はゆったり湖へとひらく
下諏訪 笠原真由美

幼と作る七夕かざり長くながく流れ星の如くゆれる
岡谷 三枝弓子

朝の散歩は気ままに電柱から次の次の電柱までと決めている
藤井寺 近山紘

コロナ禍のパンデミックを乗り越えてマスクと別れ青葉の山行く
北九州 大内美智子

夫はお酒担当 妻は賄い方 夫婦酒場の赤提灯
米子 角田次代

会ったことない仲良しの作る音はつなつに聞く流れ星たち
埼玉 須藤ゆかり

するどくてあつくてやさしい君だからいつも炎に喩えてごめん
北海道 吉田匡希

小半時を昼寝の目処に起きる午後洗濯物が竿に手招く
一関 貝沼正子

入院当時流れぬ時間にとまどう 救急車の音またひびいて
鳥取 小田みく

二年ぶりに燕が帰り雛が生まれ鴉対策をして見守る
福山 杉原真理子

ひまわり咲いたクロアチアでも咲いてくれ
埼玉 木村浩

安らかに眠るが如く君の頬その冷たさに心ふるえる
原 桜井貴美代

種を蒔いたがじれったい 落花生の頭で土をゆっくり上げ始めた
原 太田則子

足に力がなくゆっくり歩く 若者が追い抜く 世代交代の一コマ
奈良 木下忠彦

経糸緯糸くみ合せトンパタトンパタ布を織る
原 泉ののか

三泊四日の東北の旅へ 空は一面灰色の雲 その上には青空があるはず
原 森樹ひかる

鎌倉街道沿いの山の斜面に先祖利右衛門が馬頭観音の碑を建つ
岡谷 花岡カヲル

大学弓道を生で観戦したくて初めての日本武道館
諏訪 大野良恵

夏沢峠の名前に魅かれシャクナゲの中を歩いた夏の日よ
岡谷 征矢雅子

仕事 家事 散歩 盆栽 書き物 皆 一生懸命やる生きる為
大田原 鈴木和雄

詳細

次ページへ »